2010年06月18日

【ネット選挙〜現場報告】(群馬)「名刺やビラにQRコード」(産経新聞)

 自民党現職の中曽根弘文氏の陣営は4月中旬から、ネット選挙の解禁を見越して、中曽根氏の家族3人によるブログ「中曽根弘文ファミリー日記」をホームページ(HP)上に開設。政治家経験のない長女らが、集会などの活動を通じて感じたことが書かれている。

 多くのブログを検索して探せるポータル(入り口)サイト「にほんブログ村」の地域生活に関するブログランキングで5月31日現在、県内142サイト中、1位となるなど、人気を集めている。選挙用の名刺やビラにもQRコードを付記し、HPにアクセスしやすい環境を作る予定だ。

 共産新人の店橋世津子氏も、積極的にブログを活用している。身近な話題や自身の活動などに触れ、3月10日からはほぼ毎日更新。「有権者にもどのような活動をしているかが伝わりやすい」と話す。

 一方、民主党現職の富岡由紀夫氏の陣営は「今のところ、ブログなどを始める予定はない。生の声を発信、受信するといっても、匿名性が非常に高く、候補者本人になりすますといった問題例もある」と一部のツールには消極的。ただ、HPに関しては公示までにリニューアルする予定で、「候補者を知るのに必要な情報は随時発信できるよう変えていきたい」としている。

【関連記事】
ネット選挙見送り 郵政法案など廃案に
ツイッターに警戒示す陣営も
新人「つぶやき」「動画」駆使 民主現職はネット利用に懐疑的 兵庫
動画を活用 イケメン代議士や双方向サイト
ネット選挙〜現場報告 秋田 高齢化の街では「対面主義」!?
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

もんじゅ、再起動 原子炉1.3%まで出力試験(産経新聞)
SCEが体感型ゲーム機器「ムーブ」を9月以降、順次発売へ(産経新聞)
大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
相撲協会 複数力士が「野球賭博した」…調査に自己申告(毎日新聞)
パロマ事故、札幌訴訟も和解へ=地裁が勧告、条件協議(時事通信)
posted by ノハラ イサオ at 19:29| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。