2010年06月12日

尖閣諸島「領有権問題存在しない」 政府が答弁書を閣議決定(産経新聞)

 菅内閣は8日夜の初閣議で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「解決すべき領有権の問題は存在しない」とする答弁書を決定した。自民党の佐藤正久参院議員の質問主意書に答えた。尖閣諸島をめぐっては、鳩山由紀夫首相(当時)が5月27日の全国知事会議で「帰属問題に関しては、(米国の立場は)日本と中国、当事者同士で議論して結論を見いだしてもらいたいということだと理解している」と、日中間で帰属が未確定であるかのようにも受け取れる発言をして批判されていた。

【関連記事】
「首相、こんなレベルか」 群馬県知事が酷評
日中首脳会談 形だけの「懸念」にするな
迷走と失政の責任…国益損なう首相は退陣を 
「尖閣に日本の領土問題はない」 岡田外相が強調
「こんな総理、かなわんわ…」 鳩山発言に石原都知事激怒
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

三島市で女性店主刺殺 殺人容疑で捜査(産経新聞)
<動物虐待>くぎ刺された肉食べた犬が手術 大分県警が捜査(毎日新聞)
最高裁長官 裁判員対象事件「速やかな審理を」(毎日新聞)
「リハのスタッフは医療・介護に積極的にかかわるべき」(医療介護CBニュース)
鳩山氏「頭切れるがキレ過ぎも」…新首相の母校で(読売新聞)
posted by ノハラ イサオ at 03:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。